※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

247 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/05/09(水) 13:13:54 ID:Jlh75c4z 「あんた誰?」  ある朝、ルイズが目を覚ますと、ベッドにはもう一人の自分がいた。  もう一人のルイズは、うにゃうにゃと目を覚ますと、驚きに目を丸くして言った。 「あんたこそ誰?」 「わたしはルイズよ。ルイズ・フランソワーズ。貴族の娘よ」 「わたしがルイズ・フランソワーズよ。あによ。あんた、人の名前を騙ろうっていうの?」  にらみ合う二人のルイズ。険悪な空気がただよう。 「わかった。誰かが魔法で変身したのね。あんた、馬鹿なことしてないで、さっさと正体を見せなさいよ」  ルイズAがぽんと手を叩き、ルイズBの肩をつかむ。 「痛っ。なによ。あんたこそ誰かの変身したわたしでしょ? なんでそんなにあつかましくできるの?」  肩におかれた手を振り払うルイズB。むむ、という感じで不機嫌になるルイズA。 「そんなわけないでしょー? わたしはわたしなんだもん。だったらあんたが偽者でしょー?」 「わたしが本物だもん。ならあんたが偽者に決まってるでしょー?」  真偽のほどが分からない。そのうちルイズAがなにかをひらめく。 「そうだわ。ディテクトマジックがあったじゃない。あれを使えば、魔法が解除されるわね」  そういって、ニヤリと笑う。 「あら。それで困るのはあんたの方でしょ? わたしはわたしなんだもん。平気よ」  ルイズBも同じように笑い返す。  呪文の詠唱が始まった。

 室内に響く、ユニゾンで呪文を唱える声を聞いてサイトが目覚めると、ベッドの上には二人のルイズが。  思わず目をこするサイト。しかしルイズは二人のままだ。 「な、なんだこれ?」  驚くのも無理はない。二人のルイズは、にらみ合うようにして魔法の詠唱をつづけている。 「二人いるよな」  思わず呟くサイト。どうやら夢ではないようだ。 「ディテクトマジック!」  やがて呪文の詠唱を終え、ルイズたちがお互いに魔法をかけ合う。  室内が光で満たされる。 「うわっ!」  再び驚くサイト。  光が引き、ベッドの上を見る。 「ど、どうしてよ?」 「なんで、あんたがまだいるの?」  魔法をかけ終わっても、ルイズはまだ、二人のままだ。 「ルイズ。な、なにがどうなってんだ」  駆け寄るサイト。  二人のルイズは、よく分からないといった風に首をふる。 「なんか分かんないけど、増えちゃったみたい」  二人とも、ぽかんとしている。  サイトも、ぽかんとした。

249 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/05/09(水) 13:30:09 ID:Jlh75c4z 「サイト、どうしよう」  ルイズAがサイトに助けを求めた。 「どうしようったって」  サイトは困る。当たり前である。 「そうだ。サイトなら分かるでしょ? わたしたち、どっちが本物なのか。だって使い魔だもん」 「そうね。サイト。どっちが本物のご主人さまなのか、当ててみなさい」  サイトに詰め寄る二人のルイズ。そんなこと言われてもサイトには分からない。 「えーと、どっちも本物に見えるんだけど」  思わず本音を言うと、ルイズAがサイトの頬を張り、ルイズBがサイトのせつない部分を蹴り上げる。 「ほあああああ」  激痛に、うずくまるサイト。 「ちょっと。あんた、サイトになにすんのよ」 「あんたこそ。サ、サイトはわたしの使い魔なんだからね」 「なに言ってんのよ。サイトはわたしの使い魔」 「わたしのよ。だってわたしたち、キキ、キスだってしたんだから」 「わたしだってしたわよ。嘘をつかないで」 「嘘ついてるのは、そっちでしょー?」  言い争うルイズたち。  そばでサイトは痛みに悶絶している。 「ねえ。サイト、こっちに来なさい」  やおらルイズBが声をかける。  素直に従うサイト。  きょとんとするルイズA。 「見てなさい。本物は、こういうことができるのよ」  ルイズB、サイトに突然キスをした。 「!」 「ど、どう? こんなこと、あんたにできる?」  慌てるサイトとルイズA。三人とも顔を赤くする。 「……」  微妙に気まずい沈黙。  しかし、ルイズAが立ち上がった。 「サイト、来なさい」  仕方なく従うサイト。  ルイズA、サイトの両肩に手を置いて、ムリヤリにキスをする。 「!」  なんだか不思議な空気になってきた三人。 「あ、あんた。人の使い魔になにすんのよ」 「だから、あたしの使い魔なんだもん!」  サイトの意思はそこには存在していない。

250 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/05/09(水) 13:48:22 ID:Jlh75c4z 「わた、わたしなんてサイトに胸まで触られちゃったもん。サイト、ちっちゃい胸が好きだって言ってくれたもん」 「わたしだって言われたもん。もう最後までいっちゃいそうだったもん」 「さ、最後ってなによ」 「最後は最後でしょー」  エスカレートしていく口げんか。  サイトの心にイヤな予感が。 「サイト! 来なさい!」  ルイズAが叫んだ。  すごすごと従うサイト。 「なにするつもり」  と、ルイズB。 「こうするのよ」  ルイズA、サイトにキスをして、ムリヤリ舌を入れる。  サイトの手を取って、自分の胸に当てさせる。 「!」  びっくりするのはサイトもルイズBも同じだ。  やがてルイズAはサイトの口から唇を離して言う。 「どう? ご主人さまなんだから、こんなことされても平気なのよ。あんたにはできないでしょー?」  怒りに顔を赤くするルイズB。 「で、できるもん。わたしが本物の、サイトのご主人さまなんだもん」  やはりサイトの意思はひとかけらも尊重されない。 「サイト。来なさい!」  従うサイト。  ルイズB、やおらサイトの首筋に口をつけ、吸い始める。 「おおおおお……」  悶絶するサイト。  それを見て、ルイズAの顔が見る見る真っ赤になる。 「なにすんのよ!」 「サイトはわたしのなの!」  激昂するルイズたちによって、サイトの寝巻きが見る間に脱がされる。  ルイズたち、互いに敵意をむきだしにしながら、サイトの体にキスしだす。  やはり悶絶するサイト。なんとか我慢する。

252 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/05/09(水) 14:08:43 ID:Jlh75c4z 「こ、こんなことだって、できるんだからね」  すでに硬直しているサイトのムスコを、ルイズBがおずおずと口にくわえる。  もう言葉もでないサイト。  悔しがるルイズA。あれに対抗するには、よほどのことをしなければならない。  しかし、そのよほどにことが思いつかない。  仕方なく、ルイズBと顔を並べて、サイトのムスコを舐めだす。  痙攣するサイト。もうなにがなんだか。 「ひゃっ! なにこれ?」  突然、サイトのムスコから白い液体が飛びだす。  ルイズたちの顔にかかる。  当然、ルイズたちはそんなもの知らないし、初めて見る。 「に、苦いわ」  顔を向け合い、いぶかしがる二人。  脱力するサイト。  しかし、それで事態が終わるはずもない。 「サ、サイト、舐めなさい」  意を決したように、ルイズAがサイトに言う。 「ご主人さまなんだから、使い魔になにされても平気なのよ。あんたにはそんなの無理でしょー?」  ルイズBに向かって不敵に笑う。  腹を立てるルイズB。  サイトは仕方なく胸を舐め始める。  なんだか全身をびくびくさせだすルイズA。  ルイズBは腹立たしくてたまらない。  ルイズAが目を閉じてるのをいいことに、ルイズBはルイズAのアソコに指を伸ばす。

254 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/05/09(水) 14:22:17 ID:Jlh75c4z  ルイズAは目を閉じているので、ルイズBの指をサイトの指だと勘違いする。 「やあっ」  ルイズBはルイズなので、ルイズAの感じるところがよく分かる。  なので、ルイズAはあっという間にいってしまう。  痙攣するルイズA。  ルイズBは容赦しない。攻めつづける。  またいくルイズA。なんだか濡れすぎてすごいことに。  ルイズBは激しく腹を立てていたので、ルイズAをもっと苛めてやりたかった。  サイトに命令する。 「ふん。サイト。もっと、こらしめちゃなさい。手段はまかせるわ」  頷くサイト。  こらしめるということが、どういうことなのか分からない。  でも、ここまで来たら、入れるしかないだろー。普通。  と、いうことで入れることにする。  入れた。 「やあああっ!」  激しく感じるルイズA。  下半身をふるサイト。  自分が命令したにも関わらず、ルイズBはなんだかおもしろくない。 「あっ、あっ、だめえ」  もうルイズAがすごいことになってる。いくらなんでも感じすぎだろ。 「あっ、いく!」  昇天するサイト。あわせるようにしてルイズAもいってしまう。  ベッドの上で痙攣するサイトとルイズA。  ルイズBの顔が怒りと羞恥ですごいことに。