※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

95 名前: 犬竜的日常〜デリカシー編〜 [sage] 投稿日: 2007/10/12(金) 21:38:02 ID:i2TnILM6

 ある日、かっぽかっぽと馬で歩いていたギーシュは、向こうからふてくされた顔の才人がやってくるのに気がついた。 「やあサイト、辛気臭い顔をしてどうしたんだね」 「おうギーシュ、聞いてくれよ、ルイズの奴がよぉ」  聞くところによると、いつも通り洗濯を済ませて部屋に戻ったら、ちょうどルイズが着替え中だったのだとか。  悲しい男の本能、思わず凝視してしまったら、顔を真っ赤にしたルイズが鞭の雨を降らせてきた訳で。 「『あんたにはデリカシーってものがないの!? ノックぐらいしなさい、このバカ犬!』とか言いやがってよ」 「はははは、それは君、タイミングが悪かったというやつだね」 「最初の頃は俺の前で平気で着替えしてたくせに……」 「男として意識されている証拠じゃあないか。いいことだよ、いいこと」 「そうかね……っつーか、デリカシーがどうのって言うぐらいだったら、着替えのときぐらい鍵かけろっつーの」 「まあ、僕からすればどっちもどっちというところかなあ」  などと道端で雑談を始めたものだから、ギーシュが乗っている馬はこれ幸いとばかりにくつろぎ始めた。  草をはみはみ尻をフリフリ、挙句の果てには 「うわ、ギーシュ、この馬クソしてんぞ!?」 「ん、そうだね。ははは、これは臭い」 「笑ってる場合かよ、オイ。このクソどう始末すんだよ」 「別に、放っておけばいいんじゃないのかね。肥やしというやつだよ」 「こんなところで何を肥やすってんだ、ったく。俺は絶対こういうマナーの悪い真似はしねえぞ」 「ほう。具体的にはどうするんだね」 「今度から、馬とかに乗るときはいつも袋とシャベルを持ち歩くことにする。犬の散歩のようにな。絶対道端にクソは残さねえ」 「馬の糞は尋常な量じゃないが」 「それでもやる」 「変なところで真面目だね、君も」

 で、数日後。 「あ、サイト、サイト!」 「おおシルフィード、今日も元気だなあ」 「うん、シルフィいつも元気なのよ。ねえねえサイト、今日もシルフィと一緒にお出かけするのね」 「おういいぞ、また遠くまで連れてってくれよ」 「わーい、お出かけお出かけ……? サイト、その手に持ってる袋とシャベルはなぁに?」 「ああこれか? これはな」

「で、どうしてまたボロボロになって飛んできたんだね君は」 「……『サイトのバカァッ! デリカシーなさすぎなのね!』って蹴り飛ばされた……」 「……本当に難儀な男だね、君も」