※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

393 :すきこそものの ◆mQKcT9WQPM :2007/12/04(火) 00:11:21 ID:lnlkRVId じゃぁぁぁぁーっ。

水の流れる音が、共同トイレに響く。 自分の出したものが流れていく音を聞きながら、青い髪の少女は個室を後にする。 最近、タバサは才人と逢う前に習慣となっていることがあった。 それは。 トイレに行って、大の方を必ず済ませておくことから始まる。 それなりの量をひりだしたタバサは、手を洗い、今度は共同浴場へと向かう。 入浴のためではない。 タバサは、共同浴場の一角にある、湯の出る蛇口から、共用の壷に湯を満たす。 そしてその壷に木の桶で蓋をして両手で抱えて、自室へと向かう。 自室に入るとしっかり鍵をかけ、窓も念入りに施錠し、カーテンで外界と遮断する。念には念を入れ、部屋には『サイレンス』の魔法をかけておく。 湯を満たした壷を部屋の床に置き、その周囲にあらかじめ用意しておいた使い古しのシーツを敷く。 鍵の掛けられた箪笥の扉を開き、中から二本のガラス瓶と、箱を一つ取り出す。 それらをシーツの上に置いて、そして。 おもむろに、タバサは服を脱ぎだした。 まず、マントの留め具を外し、脱いだマントを手近なテーブルの上に畳んで置く。 ホックの留め金が外されると、スカートが音も立てずに彼女の足元に広がる。それもまた、畳んでテーブルの上へ。 今度は白いワイシャツのボタンに手を掛ける。上から一つずつ外していき、一番下まで外し終わると、躊躇なく脱ぎ去り、畳んでテーブルへ。 ショーツ一枚だけの姿となったタバサは、その最後の一枚も、即座に脱ぎ去る。勿論畳んでテーブルの上へ。 そして、裸になったタバサは、ぺたんとシーツの上に腰を下ろして、シーツの上に置かれた箱を開く。 その中身は、ガラスでできた大きめの注射器と、羊の腸でできた、耐水性の細いチューブ。片方の先端が三重に折り曲げられ、固められてこぶのようになっていた。 タバサは角ばった青いほうのガラス瓶を取ると、持ってきた壷の中の湯の中にその中身を注ぐ。 湯は瞬く間に青く染まり、柑橘系のような甘酸っぱい香りを放ち始める。 そして、青く染まったぬるま湯を、注射器で吸い上げる。 注射器が湯で満たされると、タバサはチューブを注射器の先端に取り付ける。 少し赤くなった顔で、タバサはそれを少しの間、見つめる。 しばらく見つめた後、タバサはおもむろにシーツの上で四つんばいになった。 高く上げられた臀部を割り開き、桜色の襞がひくつく肛門を外気に晒す。そして。 チューブの反対側、こぶになった部分を、そこへ押し込んでいく。

「────!」

タバサはその感覚に思わず声を上げたが、『サイレンス』によってその声はかき消される。 タバサは震える手でしっかりと注射器を両手で持つ。そして。 注射器の中身を、一気に押し出した。

「──────────────────!」

腸の中に、ぬるま湯が流れ込んでくる感覚に、タバサの脊髄を悪寒にも似た感覚が駆け抜ける。 ビクビクと震え、それでも注射器を押すのを止めない。 やがて、大きな注射器いっぱいに満たされた薬品いりのぬるま湯は、全てタバサの中に納まった。 タバサは少しの間、真っ赤な顔で余韻に浸っていたが、すぐに木の桶を手元に引き寄せる。 そしてすぐに、異物を認識した腸が蠕動運動を始める。 タバサは必死に下腹部を襲う焦燥感に堪えながら、木桶をまたぐ。 そして。 括約筋に手助けされてしっかりと肛門に咥え込まれている、チューブの先端を抜き取った。

394 :すきこそものの ◆mQKcT9WQPM :2007/12/04(火) 00:12:35 ID:lnlkRVId 「─────────────っ!」

タバサの下腹部が震え、そして肛門から、青い湯がひり出される。 それはタバサの腸内に残っていた宿便とともに、本来なら下品な音を立てて、今は全くの無音で、木桶に満たされる。 木の桶の上をまたぎながら、タバサは排泄の快感とともに、ある妄想にとり憑かれていた。 …もし、サイトにこんなの見られたら。 その考えに、恐ろしいまでの羞恥と、そしてほんの僅かな快感が、タバサの背筋を震わせる。 やがて、タバサの肛門は最後の一滴を吐き出す。 長時間の排泄に、タバサの肛門は充血し、ひくついていた。 しかし、これで終わりではない。 タバサはもう一本のガラス瓶を手にする。 丸く薄い緑に染まったそれの中身、粘り気のある粘液上の液体を、ほんの少し手に垂らす。 それをタバサは右手の人差し指と中指に塗りこむ。 そして、液体を塗りこんだ人差し指と中指を。 再び四つんばいになって高く上げられた肛門に、押し込む。

「─────!─────!」

口がぱくぱくと開き、よだれがだらしなく零れる。しかし上げた声は『サイレンス』で消されていた。 そのままタバサは入念に、己が排泄口に、丹念に、その液体を塗りこんでいく。 しっかりと、液体が肛門周辺の肉襞に塗りこまれると、タバサは指を抜く。 …これで、いい…。 これが、最近タバサが才人と逢う前に習慣にしていることだった。 タバサは書物で、後ろを使っての性行為に関しての情報を集めた。 何故なら、才人は自分とする際、けっこうな頻度で後ろを求めてくるからだ。 また、タバサ自身も、後ろでされるのが嫌いではない。 しかし。 後ろでの行為は、性病の発生の危険が非常に高いのだ。 そこで、タバサはあらかじめ、才人と逢う予定のある日には、わざと下剤を飲み腸をカラにし、さらに薬品を溶かし込んだぬるま湯で腸を洗浄し、その上で殺菌効果のある薬を肛門に塗りこんでおくのだ。 こうしておけば、お尻でシテも、前でするのと危険性は変わらなくなる。 …今日はサイト、お尻でしようって言うかな…? タバサは、期待している自分に、自己嫌悪と、そして、自分にこんな事をさせる才人に、軽い怒りを感じる。 …サイトが、悪い。 おしりばっかりスルから。前だけじゃなくて、おしりもいっぱいいじるから。後ろでされてるのに、前も一緒にいじったりするから。 私は、エッチでスケベで淫乱な女の子になってしまった。 全部、サイトのせい。 そして、タバサは、ふとこんなことを考えてしまう。 …これ、サイトの前で、してみたら…どんなカンジなんだろう…。 薬品とタバサの腸液と宿便の混じったぬるま湯で満たされた、木桶と、チューブの付いた注射器を、タバサはじっと見つめる。 その脳裏に、才人の前で痴態を晒す自分の姿がありありと浮かぶ。

きゅんっ…。

その想像に、タバサの牝の器官が音を立てて啼く。 それと同時に、開発された肛門が、ひくひくと牡を求めて蠢く。 タバサはふるふると頭を振ってその考えを追い出す。 …サイトが待ってる。早く…行かなきゃ。 てきぱきと服を着こんで、シーツを片付け、器具を片付け、木桶の中身を壷に移す。 そしていつもの大きな杖を持ち、部屋にかけられた『サイレンス』を解く。 いそいそと部屋を出て、そして、愛しいあの人の下へ向かう。 …早く行って…シテもらわなきゃ。 タバサの股間から待ちきれないで溢れた愛液が、水色のショーツに小さな染みを作り始めていた…。〜fin