※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幕間

ヴェルサルテイル宮殿・正面入り口前。

ガリア王家の紋章が施された、華やかな竜籠が停まっている。 門の前にはたくさんの人が集まっていた。 宮殿の主の王家の人間から花壇騎士団所属のメイジ、更に従者からメイドといった宮殿で働く平民まで。 彼らの視線は竜籠の傍の一点に収束されている。

「ひっく、ひっく、ぐすぅ・・・」 「オイオイそんなに泣くなって。別にこの先もう会えなくなる訳じゃねぇんだからさ」

サイトの胸に縋りついてイザベラが泣きじゃくっていた。 シャルロットもサイトの腕にしがみつく形で顔を埋めている。微かに、彼女からも嗚咽が漏れていた。 何でだろう。彼女達はこんなにも小さい背中だったろうか。

「少なくとも夏期休暇とかで帰ってこれるんだろ?そんな深く考える事無いって」 「う、うるさいよ・・・それでも、寂しいものは寂しいじゃないの・・・」

シャルロットもイザベラの言葉に同意したように、少年みたいなショートカットが上下に揺れた。

ああ、もう。そんな事言われたら。 こっちもそんな気分になるじゃないか――――

「・・・ああ、そうだな」

2人の背中に腕を回して、優しく抱きしめる。 2人から漏れる嗚咽が少しだけ大きさを増した。2人の体温を確かめるかのように、サイトの腕に篭る力も増した。 雲の間から差し込む一筋の光に照らされたそれはまるで、1枚の絵画のような優しさと哀しさと神々しさを併せ持っている。

・・・3人の背後でハンカチ噛み締めて滂沱の涙を流してるギャラリーが居なきゃね。

「ほら、時間だろ。そろそろ行けって」

内心かなり名残惜しいが、それでもサイトはそう言って2人から離れた。 この世界に来て早数年。今ではジョゼフの直属の部下としてそれなりに部下を持つ立場になったサイトである。 なので、公私の区別をつけなきゃならない重要性はよく分かっていた。 2人の少女もそう言われてハッとしてから涙を拭っていつも通りの顔になる。 それでも泣きじゃくって紅くなった目は誤魔化しようが無い。 2人はサイトに導かれて竜籠に乗り込んだ。

「それじゃあ、言ってくるからね。私達が居ないからって仕事の手抜くんじゃないよ!」 「・・・頑張る」 「おう、2人とも気をつけてな。頑張れよ」

イザベラは何時ものツンケンした口調で。 シャルロットは簡潔ながら力強い口調で。 そしてサイトは優しさの篭った声で。

そのまま扉が閉められ、2人を載せた竜籠がサイトとギャラリーに見送られながら青空へと飛び立っていく―――― そう、そうなっていれば、それはきっと感動の1シーンとして皆の脳裏に刻まれていただろう。

――――それは問屋が下ろさない。

「何言ってるんだサイト。お前も一緒に行くんだろうが」

後方から声がした。一同、へ?とばかりに疑問符を浮かべた表情で一斉に振り向いた。 そこには立派なお髭が特徴的な、けど国王なのに少し前まで人望無くて、 サイトを召喚して『虚無』の属性に目覚めたのをきっかけにええいなんかもう才能とかで悩んで他のアホらしくなったじゃねえかコンチクショウ、 と開き直って興味ある事以外は弟に仕事を押し付けて王宮の人間と道楽にふけっている『道楽王』ジョゼフの姿。顔にニヤニヤと愉快そうな表情を貼り付けている。 隣には、彼の弟でシャルロットの両親であるシャルル夫婦も居た。 もっともその表情は隣の兄やギャラリーとはまた別の顔、苦笑じみた物だったが。

「やはり我が王家の子女を護衛も無しに他国に送り出すのは問題なのでな。 という訳でサイト、2人と一緒に魔法学院に行って来い」 「ちょ、聞いてねえよ!?」 「そうだろうな。言わなかったから」

うわ、何コイツ!ムカつくなオイ! フハハハハって悪役みたいな笑い方してんじゃねえ!ピッタリじゃねえか!

「何、別にサイトもイザベラもシャルロットも良かっただろう?数年来の思いをようやく告げる事が出来たのだからな。これで跡継ぎの心配もしなくて良い」

キュボッ、と少女2名の血圧急上昇。そして顔も真っ赤っ赤。 どうやらこの1ヶ月、一体ナニをいたしていたのかまるっとお見通しだったようで。 なんだかギャラリーの視線も生温かい。

「じょ〜〜〜〜ぜ〜〜〜〜〜ふ〜〜〜〜〜〜!!!」 「フハハハハ、捕まえてみるのだな明智君!」 「古いんだよ!てか何でお前が俺の世界のネタ知ってんだ〜〜〜〜!!」

歳の割には中々健脚なジョゼフ。 ってか何気にガンダールヴ発動中のサイトでも追いつけないってどんだけさ。 その一方、感動の別れをたった今まで行ってた相手が一緒に来ると知らされた少女達は、

「サイトと一緒、サイトと一緒・・・」 「甘い青春の学生生活・・・」 「「・・・・・・・・はふぅ」」

揃って幸せそうな溜息をついていた。 ・・・ガリアの未来は、微妙に不安である。



同時刻:『白の国』アルビオン

アルビオン王家の紋章に彩られた竜籠が人を乗せて今、出発しようとしている。

「それでは父さん、母さん、言ってくるね」 「気をつけてな。ジェームズを通してあちらの学院長にも話は通してある」 「例え多数の人間が恐れても、きっと学院にも父様や『彼』やマチルダのように、テファを受け入れてくれる人間も居る筈よ。マチルダも、娘の事をよろしくお願いね」 「心得ています」 「もう、マチルダ姉さんたらそんなに固くならなくてもいいのに・・・」

金髪の少女が幾分苦笑しながら、メガネをかけた緑の長髪の女性にそう言った。 母親譲りの美しさと最高級の絹の如き艶やかな髪、そして女神のような微笑と優しさでもってアルビオンの王族と国民を虜にしている少女の横顔に、竜籠の乗り手はついつい目を奪われる。 ついで緑の女性にギロッと睨まれて慌てて目を逸らす。 そして女性も少女と同じように苦笑じみた表情を浮かべてから、意地悪く唇を歪めた。

「テファだって浮かれてるじゃないの。そんなに『彼』に会うのが楽しみかい?なんてったって好きな彼と同級生になるんだからねえ」 「ち、違うの!えっと、それはお兄様とまた会えて一緒になれるのは嬉しいんだけどえっと・・・・・」 「へえ、滅多に会えない『彼』は様付けかい?悲しいねえ、私なんてテファのおしめ代えた事あるぐらいの付き合いなのに」 「そうね、あの頃からマチルダやサウスゴータ卿にはお世話になってきたわ」 「姉さん!」

顔を紅くした少女がアワアワと過去の恥ずかしい事をぬかす女性の口を塞ぐために、女性に飛びつこうと慌てて動き。

ブチン

少女のブラウス、その胸元のボタンが纏めて弾けて、内側でふんにゃり押し込められていた中身がまろびでた。

「・・・どうしてここまで育っちゃったのかねえ」 「ううう・・・」

どうやら別次元の彼女同様、巨大なごく一部の存在はデフォらしい。 むしろ、更に成長してね? それでも金髪の少女の心は、遥か遠くに居る1人の黒髪の青年剣士の事を想う。

(サイトお兄様・・・・・・)

そんな少女の髪から覗く耳は・・・長く尖っていた。