※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

611 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/09/18(月) 03:41:30 ID:pocecTU4 「そういや、デルフ魔法が使えるインテリジェンス系の武器があるらしいけど、伝説の癖にまけてるなーお前。」 「何言ってやがる、相棒。魔法が使えるくらいなんだ。おりゃー魔法を吸い込めるぜ。」 「使える方が良くないか?」 「使えるったって、4属性だろ、俺は全属性を吸い込めるぜ、なんせ虚無の魔法武器だからな。」 「そうなのか?」 「じゃないと、全部吸い込める理由にならんだろ?しかも俺の『固定化』はブリミル・ヴァルトリ謹製だ、めったにゃあこわれねぇ。」 「へーそうなんだ。」 「まぁ固定化の影響を受けねー、虚無の魔法なら溶かされるけどな…」 「微妙だな……虚無の魔法乱射するのが側にいると……」 「貴族の娘っ子こえーよな。」 「こえーなぁルイズ。」 「寝言は可愛いのにな。」 「そうなの?」 「おぅ……こないだなんかな。」 「って、まっちなさぁぁぁぁい、そこの棒っきれ、溶かすわよ。」 「相棒、逃げろっ。」 「おっ、おうっ」 「まっちなさぁぁぁい」 「はっはっは、貴族の娘っ子、このまま娘っ子の寝言を言っちまおう、逃げる理由なくなるしな。」 「ま、まってぇぇぇぇぇぇ。」 「『あのバカはメイドが好き。』って言ってたぞ、相棒。」 「……ルイズ……俺そんなにしんよーねーの?」 「……ね、寝言にまで責任取れないわよ。」 「因みに『でもってご主人さまも好き、よね。』って続くんだけどよー。」

赤くなって黙り込む二人……

という妄想……埋めるついでに〜

……こんなの書くと、9巻よろしくとか書きたくなるね。