※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

296 名前:1/4[sage] 投稿日:2006/09/23(土) 23:11:03 ID:hg0lRZ+9 「やっぱり、わたしっておかしいのよね……」 ルイズさんに”胸っぽい何か”って言われた…… 「きっと、凄く変なんだ………」 お友達が居なかったから、わたしには独り言の癖があった…… 「サイトさんも……いやだよ……ね……」 悲しかった…… 「トリステインだったら……死刑……だって……」 …わたし……いろいろな所を見て回りたかったけど…… こんな変な身体じゃ、死刑になっちゃうみたい…… 「お、押したら……へこまないかなぁ……」 ぎゅーって押してみる。 苦しい、でも…… 「死刑も……サイトさんに嫌われるのも……いやだよぉ……」 ぷよぷよと押し返してくる胸を、一生懸命押し潰そうとする…… サイトさん達は多分もう直ぐ出発する……見送りに行きたいけど…… 「へこまないよぉ……」 なんだか涙が出てきた。 最後くらいサイトさんに、みっともない所を見せたくなかった…… 初めてのお友だち……私を怖がらない……多分、大切な人。 ルイズさんも、シエスタさんも、サイトさんのお陰で私を怖がらない…… 「きっと、サイトさんも不愉快だったんだ……」 わたしの胸、いつも気にしてたけど、ちゃんと見ようとしなかったし、正面からだと目を逸らした。 「はしゃぎすぎよ」 ルイズさんの声が耳の奥に残ってる。 胸が……痛かった……胸の奥も……切なかった。 「縮んで……縮んでよぉ……」 一生懸命押していると…… 「テファ、入るよ。」 いきなりドアが開いて、サイトさんが入って来た。 「いままで……って、なにやってるの?」 胸を押し込もうと、一生懸命押したままだった…… 「……その……ごめんなさい……サイトさん……」 「へ?」 「わたし……お友だち居なかったから……よく分らなくて……」 「はぁ?」 「胸……変……よね?」 「え?えぇぇぇぇぇぇ」 「そ、そんなに変だと思わなくって……、ま、まさか死刑になるほどだなんて……」 「え?いや、それはルイズの……」 「一生懸命、押し込もうとしたんだけど……それも駄目で……」 「それはだめだぁぁぁぁぁぁ」 ?サイトさんが叫んでる。 「そ、そのすんばらぁしぃぃぃ、胸を……人類の損失だ。」 「そ、そうなの?」 「そうだとも、テファ、ルイズの戯言になんか、耳を貸しちゃいけない。」 サイトさんが熱く語ってる。 「で、でも……」 「でも?」 「あっても……良いことないし……」 「有る事が、素晴らしいんじゃないか!!」 「うれしい……の?」 「おうっ!」 「……どううれしいの?」 サイトさんを見つめて、わたしは聞いた。

297 名前:2/4[sage] 投稿日:2006/09/23(土) 23:11:34 ID:hg0lRZ+9 テファの部屋に入った途端、胸に手を当てたテファを見て焦ったけど…… 「……どううれしいの?」 もっと焦っていた。 「………それは……そのっ………」 いいのか?この純真な女の子を……汚すような事を言って… 駄目、却下、不許可、 理性が駄目出しをする……そりゃそうだ。 「……うそ……なのね……」 え? 「サイトさん……優しいから………嘘ついてくれたんだ……」 「ち、ちがうぞぉぉぉぉ」 「ううん、いいの、ありがとう、サイトさん。」 だ、駄目だ、このままではテファが誤解したまま、変なコンプレックスを持ってしまう。 「違うっ、おっきなおっぱいは、男の夢だ!!浪漫だ!!」 「……そ、そうなの?」 「揉んだり、吸ったり、挟んだり、色んなことがしたいんだぁぁぁ」 「……サイトさん……も?」 ……ぎゃぁぁぁぁぁ、はしゃぎ過ぎですサイトさん。 折角、友好的な別れの寸前で、お友だちのサイトさんから、変態のサイトさんにジョブチェンジ。 喋れなくなった俺の手を…… 「テファさぁぁぁぁぁん」 テファが自分で、胸に当てる。 「揉みたい……の?」 ガクガクと首を縦に振る…… テファがもう片方の手も取って、胸に…… 両手いっぱいのおっぱい!! いや、両手に収まりきらないおっぱい…… あぁ…………幸せだ…… 「あ……」 手が勝手に動き出す……柔らかい感触が、俺の手を……包む。 そう、前から揉んでいるのに、包まれている。 谷間に差し込んでいるわけではない…… 胸の弾力で、押し返された手が埋まる。 胸革命はサイズだけではなかった!! 夢中で手を動かした。

391 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/09/25(月) 22:30:37 ID:gAr63lQx サイトさん……ちょっと痛いの…… でも凄く嬉しそう……興味が出てくる。 「あの……」 「な、なんでしょう?」 「どうして揉みたいの?」 …………サイトさんが暫く固まって悩んでる……手は止まってないけど。 「男とはそういう生き物なんだよ……テファ……」 「そ、そうなの?」 「おうっ、男の子はおおきぃむねが大好きですっ」 「ほー」 あれ……アニエスさんだ サイトさんが固まった。 「サイト……お前の挨拶は変わっているな……挨拶に来たんだったな?」 サイトさんが冷や汗かきながら固まってる……なんで? 「あ、アニエスさんお構いも無く……」 「いや、こちらこそ世話になった……仇で返してるのも居るし」 「?」 「ア、アニエスさん……」 「なんだ?」 「今の事はルイズには内密に……」 どうしてかしら? 「……胸から手を離してから言わんと説得力が無い。」 サイトさんが慌てて気をつけの姿勢をとる……ちょっと残念。 「あと……手遅れだ」 アニエスさんが部屋に入ってくる…… 後ろからは……ルイズさんとシエスタさん……お…怒ってる? 「犬……逃がさないわよ……」 「サイトさん……よかったですねぇ」 ………シエスタさんのほうが怖いの……どうして? ルイズさんが魔法を唱えだす…… アニエスさんが杖を取り上げてくれた。 「他人の家を壊すような真似は止めたほうがいい」 「ア、アニエスさんっ」 サイトさんが喜んでる……いったいこの一幕はなんなのかしら? 「これを使え」 アニエスさんが、ルイズさんとシエスタさんに……サイトさんが練習で使っていた木刀を渡してる……??? 「ひぃっ……」 サイトさんが怯えてる…… 「ど、どうし……」 「ティファニア、君はこっちに……」 アニエスさんに手を引かれて部屋から連れ出された……

サイトさんの悲鳴がとても長く続いた……

「あの……」 「……ま、良い薬だ……あと…相手は選んだ方が良いぞ」 「?」

サイトさんとのお別れ……悲しい……な 「……何かあったら知らせてくれ。直ぐに飛んでくるからさ」 「あは、ありがとう。わたし、あなたに会えてよかった。じゃ、元気でね」 「テファも元気で。またな」 ……あ……ちょっとだけ胸を見てたのに気付いた……目を見ると逸らされた…… 「うん。また……、またね」 ちょっと笑いながら交わした最後の挨拶に、サイトさんは真っ赤になって去っていった

392 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2006/09/25(月) 22:33:48 ID:gAr63lQx 木刀じゃなくて木剣だったです……投下したの見てから違和感が…… ごめんなさい。