※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

125 名前:借り物競走〜シエスタのばあい〜 ◆mQKcT9WQPM [sage ] 投稿日:2006/11/23(木) 22:24:55 ID:qOP949IM 最初にお題の封書の載った机に辿り着いたのは、シエスタだった。 野良で鍛えた足腰の強さは伊達じゃない。 長い赤いハチマキが一陣の風となり、地を駆ける。 並み居る貴族や一般参加者を尻目に、堂々の一位である。 それに、今日はなんだか体が軽い。 この衣装のせいもあるだろうけど…。 サイトさんと一日むにゅれる。 それだけでシエスタのハートは臨海まで熱く燃え滾っていた。 シエスタは、並んだ封書の中から一つを取り上げ、その中身を取り出す。 その紙には。

『愛』と一言、認めてあった。

「あ…愛って…」

呆れ返るシエスタに、次々と後続が追いつく。 二番手の男子生徒が封書を開け、目を点にした。

「『若さ』?  『若さ』ってなんだ!?」

そして、ライバルたるルイズもそれに続く。 封書を開けて、目を点にしている。 次の瞬間、顔を真っ赤にして怒鳴った。

「誰よ、こんなお題考えたのっ!」

…どうやら、お題の内容に制限はないらしい。 出題者のセンス次第では、とんでもないお題を引かされているらしい。 …でも、『愛』、ですかぁ…。 しかし、シエスタはすぐに思いついた。 …ちゃーんす!

126 名前:借り物競走〜シエスタのばあい〜 ◆mQKcT9WQPM [sage ] 投稿日:2006/11/23(木) 22:26:25 ID:qOP949IM 「…で、あの、シエスタさん?  こんな所まで俺を連れてきて一体何を」

私は、会場のすみっこで応援してくれていたサイトさんを発見すると、問答無用で塔の影の暗がりにサイトさんを連れ込んだ。 …もちろん、『愛』を借りなきゃいけないから。 やましいところなんてこれっぽっちもないです!

「あああああのですね!借り物競走のお題が『愛』でして!」

私は証拠とばかりに、『愛』と書かれた札をびしっ!とサイトさんに突きつける。

「あの…えと…」

サイトさんは照れたようにぽりぽりと頬を掻く。 …こ、この反応は…期待、していいんですか…?

「俺、字、読めないんだけど…」

…そうでしたねー。サイトさん字読めないんでしたっけねー。 …はぁ。 私はお題の紙を今一度指差して続けた。

「ここに!『愛』って書いてあるんです!  …つつつまり、愛を借りていかないといけないんですよ!」

つまり愛は愛ってことで。 愛しあった結果ってことで。 そういうわけですから!サイトさん! 私は期待に満ちた目でサイトさんを見つめる。 ついでに、前かがみになって、衣装の隙間から胸の谷間をサイトさんに見せつける。 これでどーだっ!

「…え、えっと…。どうすればいいのかな…?」

よぉし目がすけべモードになったっ! あと一押しっ! 私はおもむろにサイトさんに抱きつくと、その耳元で囁いた。

「サイトさんの思ってること、そのままぜーんぶ、してください…」

サイトさんの喉がごくりと鳴る。 次の瞬間、私は日陰の草の上に押し倒されていた。 もー、サイトさんのえっち♪

127 名前:借り物競走〜シエスタのばあい〜 ◆mQKcT9WQPM [sage ] 投稿日:2006/11/23(木) 22:27:19 ID:qOP949IM …断っておくけど、俺は悪くない。 これは借り物競走のお題だからして。 シエスタに『愛』を授けなければならんわけだからして。 塔の暗がりでシエスタを押し倒して、体操服を下からたくし上げて、背後から手を回しておっぱいを揉んでいても。 何の問題もないわけで!!

「あ、あの、サイトさん…」

俺の腕の中で荒い息を吐きながら、シエスタが俺に語りかける。 あ、あれ?や、やっぱマズかったですか? しかしシエスタの言葉は、俺の予想の斜め上を行っていた。

「あ、あんまり激しくしないでくださいね?  …こ、声、抑えられなくなっちゃうから…」

言ってシエスタは、胸の先端を揉んでいる俺の右手に優しく口付けした。 おっけえええええええええ!! 全力で!! 激しくしちゃうっ!! 俺はシエスタをそのままひっくり返すと、シエスタの膝の裏に両手を当てて、腰を浮かさせる。 俗に言う、『まんぐり返し』という状態であるっ!

「あ、や、恥ずかしいっ…」

ぶるまに包まれた下半身の向こうからシエスタの抗議の声が聞こえるけど。 聞こえません。 ていうかむしろそんな声出されると、余計にいぢめたくなっちゃいます。 俺は、シエスタの汁をたっぷり吸った紺色のぶるまに鼻と口を埋めて。 思いっきり、吸った。

「や、だめ、そんなのっ」

シエスタの羞恥に染まった声が、ぶるま越しに聞こえる。 正直たまりません。 俺はシエスタの声を完全に無視し、口で汁をすすり、鼻で匂いを楽しむ。 少しツンとする匂い。しょっぱいおつゆ。 俺は今までなんで使用済みぶるまがそのテのお店で高値で取引されているか理解できなかった。 しかし今なら分かる。 ぶるまは中身がなくては始まらないッ!! 俺はそのまま吸い上げるのを止めず、今度はシエスタの太股を両手で撫で回しはじめた。 健康的な弾力を持つそこは、シエスタの汗で滑っていた。 うっはーーーーーーー。さいこおおおおおおお。

「だめぇ、こんなのぉ、はずかしいぃ…」

128 名前:借り物競走〜シエスタのばあい〜 ◆mQKcT9WQPM [sage ] 投稿日:2006/11/23(木) 22:29:34 ID:qOP949IM やがて、シエスタの声に嗚咽が混じり始めた。 げ。やば。 俺は慌てて行為を中断すると、シエスタの顔色を伺う。 …げ、マジ泣きしてる…。

「ご、ごめんシエスタ。調子に乗りすぎた…」

俺は優しくシエスタの頭を抱き上げ、髪を撫ぜて許しを請う。 でもシエスタは、半分泣いたまま、目を吊り上げて言った。

「だめ。許さない…」

言って、俺の首筋に顔を埋めて。 首筋に歯をたてた。 少し痛かったけど…ガマン、しなきゃな。 嫌がるシエスタに酷いことしちゃったし…。

「ごめん…」

でも、俺にできるのは謝ることだけで。 しばらくすると、シエスタは顔を上げた。

「ちゃんと最後までしないと、許しません」

才人の腕の中、涙目で、シエスタは言う。 そして、才人を草の上に押し倒し、その上に馬乗りになる。

「ほんとにもう…恥ずかしかったんですよ…?」

言いながら、才人の顔を両側から挟みこみ、唇を奪う。 呵責からか、才人はされるがままだ。 シエスタはそんな才人の下半身に手を伸ばすと、半ズボンに手を掛ける。 そしてそのまま、半ズボンを下にずらす。 その中から、才人の肉棒が、勢いよく飛び出した。

「罰として」

シエスタはその上に跨り、才人の唾液と自らの体液で湿ったブルマの股間の部分をずらす。 外気に触れたそこから、熱く煮えたぎった雌の粘液が、零れ落ちる。

「今日は、いっぱいになるまで、シテもらいます」

そしてそのまま、才人を飲み込んだ。 そして、少し冷静になった才人は、当然の疑問をぶつけた。

「あ、あの、シエスタさん?  借り物競走は…?」

しかしそれは、愚問でしかなかったのである。

「そんなの、しりませんっ」

そしてシエスタは、才人の上で淫らに腰をグラインドしはじめた。 結局、借り物競走のシエスタの結果は、『棄権』になったという。〜fin