チョコレート囲いの攻め筋

チョコレート囲いの攻め筋

面倒だから色々攻めていく棋譜だけ貼り付けておく。

先手:チョコレート囲い
後手:四間飛車

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △5二金左 ▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉
▲6七金 △4五歩 ▲7七桂 △7四歩 ▲8六歩 △6三金
▲8七玉 △7三桂 ▲8八銀 △8四歩 ▲7八金 △5四銀
▲3六歩 △8二玉 ▲5七角 △8三銀 ▲2四歩 △同 歩
▲3五歩 △4四飛 ▲3七銀 △3五歩 ▲2六銀 △3六歩
▲3五銀 △4二飛 ▲2四銀 △2二角 ▲2三銀不成△2六歩
▲同 飛

まで先手優勢。
▲5七角で△6五歩の仕掛けを受けてから、▲2四歩~▲3五歩と仕掛けていく。


▲3五歩を素直に△同歩の場合。

先手:チョコレート囲い
後手:四間飛車

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △5二金左 ▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉
▲6七金 △4五歩 ▲7七桂 △7四歩 ▲8六歩 △6三金
▲8七玉 △7三桂 ▲8八銀 △8四歩 ▲7八金 △5四銀
▲3六歩 △8二玉 ▲5七角 △8三銀 ▲2四歩 △同 歩
▲3五歩 △同 歩 ▲同 角 △2二飛 ▲3四歩 △5一角
▲4四角 △1二飛 ▲3三歩成 △同 桂 ▲2四飛 △4三銀
▲5五角 △5四歩 ▲3七角 △3二銀 ▲3四歩 △2三歩
▲2八飛 △7二金 ▲3三歩成 △同 角

まで先手優勢。

桂得なので以下▲5七銀なり、▲2五飛として▲4五飛を狙うなり色々と動きは望める。


先手:チョコレート囲い
後手:四間飛車

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △5二金左 ▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉
▲6七金 △4五歩 ▲7七桂 △7四歩 ▲8六歩 △6三金
▲8七玉 △7三桂 ▲8八銀 △8四歩 ▲7八金 △5四銀
▲3六歩 △8二玉 ▲5七角 △1四歩 ▲1六歩 △1二香
▲5九銀 △8三銀 ▲6八銀 △7二金 ▲2四歩 △同 歩
▲同 角 △2二飛 ▲2五歩 △2三歩 ▲3三角成 △同 桂
▲1一角

まで先手優勢。
攻めずにひたすら固めてから攻めるというのもある。


先手:チョコレート囲い
後手:四間飛車

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △5二金左 ▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉
▲6七金 △4五歩 ▲7七桂 △7四歩 ▲8六歩 △6三金
▲8七玉 △7三桂 ▲8八銀 △8四歩 ▲7八金 △5四銀
▲3六歩 △8二玉 ▲5七角 △1四歩 ▲3七銀 △1五歩
▲2六銀 △4四角 ▲3五歩 △3二飛 ▲3七銀 △3五歩
▲2四歩 △3六歩 ▲4八銀 △2四歩 ▲同 飛

まで先手優勢。
▲3七銀から棒銀風に攻める手もある。


▲5七銀+▲3七角からの桂交換型

先手:チョコレート囲い
後手:四間飛車
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △5二金左 ▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉
▲6七金 △8二玉 ▲7七桂 △7四歩 ▲8六歩 △6三金
▲8八銀 △7三桂 ▲8七玉 △8四歩 ▲7八金 △5四歩
▲3六歩 △8三銀 ▲5七銀 △7二金 ▲5九角 △4五歩
▲1六歩 △1四歩 ▲3七角 △4四銀 ▲6五歩 △同 桂
▲同 桂

これはチョコレート囲いの左桂を捌きつつ、相手の守りの桂を交換できるチョコレート囲いの長所が最も生きる筋。

早期桂交換対策もこれと同じ感じでいい。


先手:チョコレート囲い
後手:四間飛車
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △9四歩 ▲9六歩 △7二銀
▲5八金右 △4三銀 ▲5六歩 △6四歩 ▲2五歩 △3三角
▲7七角 △5二金左 ▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉
▲6七金 △8二玉 ▲7七桂 △7四歩 ▲8六歩 △6三金
▲8八銀 △7三桂 ▲8七玉 △8四歩 ▲7八金 △5四銀
▲3六歩 △4五歩 ▲5七銀 △6五歩 ▲同 歩 △同 桂
▲同 桂 △同 銀 ▲6六歩 △5四銀 ▲5九角 △8三銀
▲1六歩 △1四歩 ▲3七角 △6四歩

桂交換されても▲3七角から王手をすると△6四歩と打たざるをえない。
そうなれば結果的にお互いの玉側の桂を交換したことになる。
後は桂と角を使って手を作っていけばいい。
とにかく桂交換は大歓迎。


対穴熊

先手:チョコレート囲い▲6六銀型
後手:穴熊

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △4三銀 ▲5六歩 △6二玉
▲5八金右 △7二玉 ▲7七角 △5四銀 ▲6六歩 △8二玉
▲2五歩 △3三角 ▲6八角 △2二飛 ▲9六歩 △9二香
▲9五歩 △9一玉 ▲6七金 △8二銀 ▲7七桂 △7一金
▲8六歩 △4五歩 ▲8七玉 △5二金 ▲8八銀 △6二金寄
▲7八金 △7二金寄 ▲6五歩 △1四歩 ▲1六歩 △7四歩
▲5七銀 △5一角 ▲6六銀 △8四角 ▲7五歩 △同 歩
▲5七角

までやや先手ペース。
穴熊相手だと▲6五歩と突きやすいので、そこから▲6六銀型を狙ってみた。
△7四歩と突いてこなければ、▲7五歩と位を取ると良いだろう。
穴熊には完全に広さで挑むのが面白いと思う。
△8四角のところ、△7三角は▲7五歩が厳しい。他にも▲8五桂と跳ねた時に当たるので穴熊とは相性が悪いだろう。
終盤は▲8五桂の端攻めを味にしていけば面白く戦えるだろう。


実戦からの棋譜

先手:匿名希望
後手:匿名希望

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △4二飛
▲6八玉 △3二銀 ▲7八玉 △7二銀 ▲5六歩 △4三銀
▲5八金右 △5二金左 ▲2五歩 △3三角 ▲7七角 △6四歩
▲6八角 △6二玉 ▲6六歩 △7一玉 ▲6七金 △4五歩
▲7七桂 △7四歩 ▲9六歩 △9四歩 ▲8六歩 △8四歩
▲8七玉 △7三桂 ▲8八銀 △8二玉 ▲3六歩 △6三金
▲7八金 △5四歩 ▲3七銀 △2二飛 ▲4八飛 △4二飛
▲4六歩 △同 歩 ▲同 銀 △4四銀 ▲4五歩 △1五角
▲4七飛 △5三銀 ▲1六歩 △2六角 ▲4九飛 △3三桂
▲3七桂 △3五歩 ▲2九飛 △3七角成 ▲同 銀 △3六歩
▲同 銀 △4五桂 ▲4三歩 △3二飛 ▲3五銀 △3七桂成
▲2四歩 △同 歩 ▲5五歩 △同 歩 ▲2四飛

一例だが△4四銀型に対抗するために▲4八飛~▲4六歩と仕掛ける。
その後攻め合って優勢を築いた。しかし最後で3手詰めを間違えて負けてしまった。

プロのチョコレート囲いのような物

先手:杉本昌隆
後手:浦野真彦

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △8四歩 ▲1六歩 △4二玉
▲7八銀 △6二銀 ▲6八飛 △3二玉 ▲3八銀 △5四歩
▲6七銀 △3三角 ▲3六歩 △8五歩 ▲7七角 △4二角
▲8八飛 △5三銀 ▲4六歩 △4四銀 ▲5八金左 △2二銀
▲4七金 △2四歩 ▲4八玉 △2三玉 ▲3九玉 △3二金
▲3七桂 △5一金 ▲4五歩 △3三銀引 ▲5六歩 △4一金
▲6五歩 △3一金寄 ▲2八玉 △1二玉 ▲1五歩 △9四歩
▲2六歩 △2三銀 ▲2七銀 △6四歩 ▲同 歩 △6二飛
▲6六銀 △7四歩 ▲3八金 △7三桂 ▲6八飛 △6四飛
▲6五歩 △6一飛 ▲6七飛 △8一飛 ▲6八角 △8六歩
▲同 歩 △8八歩 ▲6四歩 △同 角 ▲5五銀 △6六歩
▲同 飛 △8六角 ▲同 角 △同 飛 ▲6二飛成 △8七飛成
▲4四歩 △同 歩 ▲5三角 △6一歩 ▲同 龍 △4二銀
▲4四角成 △5五歩 ▲1四歩 △2二角 ▲4三歩 △4四角
▲4二歩成 △同金上 ▲4三歩 △同金直 ▲1三歩成 △同 桂
▲同香成 △同 玉 ▲2一龍 △1四香 ▲1五歩 △同 香
▲1四歩 △同 玉 ▲1六歩 △2五歩 ▲1五歩 △2四玉
▲4五桂打 △1五香 ▲2五歩 △1四玉 ▲1六歩 △1七角打
▲1八玉 △2六角引成▲1五歩 △同 馬 ▲1六香 △1七銀
▲2九玉 △1六馬 ▲同 銀 △2六香 ▲2七香 △1五歩
▲3二龍 △1六歩 ▲2三龍
まで123手で先手の勝ち

何とプロでも似たような形を組んでいたぞ!
3七桂保留にはこう組むのもいいかもしれない