最新情報はTwitterで

トップ > PCゲーム録画カテゴリ > OBS Studioで録画する方法 / 2017年02月12日 (日) 21時01分43秒


PCゲームを録画できる、ほかのアプリについてはPCゲームの録画をご覧ください。


ライブ配信だけじゃない!ゲーム録画にも使えるOBS Studio

  • OBS Studio には、 録画機能 (ローカル録画機能)が搭載されています。同機能を使うことで、PCゲームを録画できます。


▲画像は、「THE CREW - ザ クルー」(Ubisoft)より。

フルスクリーンのゲーム録画に対応

  • PCゲームを フルスクリーン表示した状態で録画 することができます。

複数のマイクを同時に使用できる

  • 複数のマイクをPCに接続しておけば、簡単な設定をするだけでそれぞれのマイクの音を録音できます。どこかに集まって 複数人の声を入れたい場合に便利 でしょう。

ハードウェアエンコーダーを使用可能

  • これは少し難しい話になりますが、PC環境によってはNVENCなどの ハードウェアエンコーダー を使用できます。PCに大きな負荷をかけずに、1080p/60fpsで録画可能です。

完全無料

  • OBSは 完全に無料 です。

目次


ポイント


  • OBSは本来、ニコ生やツイキャスなどでライブ配信をするさいに使うアプリです( 配信ソフト )。録画用のアプリではありません。しかし、録画機能も搭載されているので、これを使えばPCゲームを無料で録画できます。ライブ配信していないときでも問題ありません。

  • ただ、OBSは配信ソフトであるため、 設定方法が少し特殊で複雑な面があります 。もしOBSが難しいと感じた場合は、Bandicamまたはロイロ ゲーム レコーダーを使ってください。これらは初心者向けの録画専用アプリです。


ダウンロード・インストール


  • OBSのインストール方法は、以下のとおりです。

  1. 公式サイトにアクセスし、「Download OBS Studio」をクリックする。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行する。
  3. 画面を順に進めていく。
  4. OBSのインストールが完了する。


▲OBSの公式サイト

  • OBSには、 Studio版Classic版 という2種類があります。今回使うのは、最新版である前者です。後者については、OBSローカル録画をご覧ください。


録画するための準備


  • OBSで録画するまえに、まずは設定を適切なものにしましょう。「設定」をクリックします。


「出力」タブでの設定


  • 「出力」タブを開きます。ここでは、 画質・音質の設定 をします。

  1. 「出力モード」を「 詳細 」にする。
  2. 「録画」タブを開く。
  3. 「種別」が「標準」になっていることを確認する。
  4. 「録画ファイルのパス」で、「参照」をクリックして 動画の保存先 を設定する(ここに動画ができる)。
  5. 「録画フォーマット」を「 mp4 」にする。
  6. 「エンコーダ」を「 x264 」にする。
  7. 「レート制御」を「 CRF 」にする。
  8. 「CRF」を「 20 」にする(数字が小さいほど高画質)。


  • 音質 については、とくに変更する必要はありません。

  1. 「音声」タブを開く(「録画」タブ右横のほう)。
  2. 「トラック 1」の「音声ビットレート」が「160」になっていることを確認する *1

「音声」タブでの設定


  • つぎは、左メニューの「音声」タブで設定をします。ここでは、おもに PCから出ている音マイクの音 を動画に入れるための設定を行います。マイクについては、3.5mmステレオミニプラグのほか、USBマイクも使えます。

  1. 「デスクトップ音声デバイス」を「 既定 」にする。
  2. 動画に自分の声を入れたい場合は、 使用するマイクを「マイク音声デバイス」で選択 する。
  3. 複数のマイクの音を入れたい場合は、使用するマイクをさらに「マイク音声デバイス 2」や「マイク音声デバイス 3」で選択する。


▲「マイク音声デバイス」に表示される項目は、PC環境によって異なります。

「映像」タブでの設定


  • 「映像」タブの設定も、やはり 画質に関係 してきます。ここでの 設定が不適切だと、録画した動画を再生したときに文字が見づらくなったり、ボヤケた画質になることがあります 。録画するものに合わせて設定を変更しましょう。PCのスペックも考慮する必要があります。

  1. 「基本 (キャンバス) 解像度」を設定する(よくわからない場合は、そのままでよい)。
  2. 「出力 (スケーリング) 解像度」を設定する *2
  3. 「基本 (キャンバス) 解像度」と「出力 (スケーリング) 解像度」を異なる設定にした場合は、「縮小フィルター」を「ランチョス」にする *3
  4. 「FPS 共通値」を「30」または「60」にする *4
  5. 「OK」をクリックして設定画面を閉じる。



簡単な使い方


  • ここまで設定ができたら、ゲームを録画してみましょう。

PCゲームを録画する場合は、あらかじめ起動しておきます。ウィンドウモード、フルスクリーンモード、どちらでもかまいません。

「+」アイコンをクリックします。


「ゲームキャプチャ」を選択します。


「OK」をクリックします。


フルスクリーンアプリケーションをキャプチャ 」を選択して「OK」をクリックします。その後、画面をPCゲームに切り替えれば(「Alt」 + 「Tab」キー)、OBSのプレビュー画面に映像が映ります。


OBSにゲーム画面が映らない場合は、「モード」で「 特定のウィンドウをキャプチャ 」を選択してください。そして、「ウィンドウ」で PCゲームを選択 します。


▲『Cities: Skylines』(パラドックスインタラクティブ/ コロッサル・オーダー)より

画面を取り込んだあとは、「OK」をクリックして設定画面を閉じます。

「録画開始」をクリックします。


録画を終了するときは「録画終了」をクリックしてください。


録画した動画を再生し、中身を確認しましょう。動画は、「設定」→「出力」タブ→「録画」タブで設定した場所に保存されています(上述)。


ソースについて


ソースとは


  • OBSでゲームを録画する場合、最初に ゲーム画面をOBSに映す 必要があります。このことを ソースの追加 といいます。ソースを追加しないと、なにも録画できません。画面が真っ暗な動画になってしまいます。

  1. 「+」アイコンをクリックする。
  2. 「ゲームキャプチャ」や「ウィンドウキャプチャ」など、任意の項目を選択する。
  3. OBSのプレビュー画面に映像が表示される。


▲ソースの追加

  • 「-」アイコンは、 追加したソースを削除 したい場合にクリックします。OBSのプレビュー画面に映像が表示されない場合は、ソースをいったん削除してみましょう。


▲ソースの削除

録画で重要な3種類のソース


  • いろいろなソースを追加できますが、 ゲームを録画するときに重要になるのは3種類だけ です。すなわち、 ゲームキャプチャウィンドウキャプチャ画面キャプチャ です。


  • では、どれを選べばよいのでしょうか。基本的にはゲームキャプチャを選択すればよいでしょう。ただ、 ゲームキャプチャですべてのゲームを録画できるわけではありません 。画面がOBSに映らず、録画できないゲームもあるのです。その場合は、 必要に応じてウィンドウキャプチャや、画面キャプチャを使ってください

ソース 説明 使い方
ゲームキャプチャ PCゲームを録画するうえで基本 こちら
ウィンドウキャプチャ ウィンドウを録画したいときに こちら
画面キャプチャ デスクトップ画面に映っているものを録画したいときに こちら


便利な機能


ホットキー


  • ホットキー (ショートカットキー)を設定しておくと、録画の開始・終了をボタンで行うことができます。ホットキーの設定は、「設定」→「ホットキー」タブで可能です。

出力タイマー


  • 出力タイマー機能 を使うと、一定時間録画したあとに自動で録画を停止できます。「ツール」→「出力タイマー」で、「録画停止時間設定」に任意の時間を入力してください。

プロファイル


  • 録画するゲームごとにOBSの設定を変えたい 場合は、プロファイル機能を使いましょう。一瞬で解像度やビットレートなどの設定を切り替えることができます。

カーソルの非表示


  • カーソルを録画したくない場合は、ソースをダブルクリックして「カーソルをキャプチャ」のチェックを外しておきます。


ゲーム音・マイク音を調整する方法


ゲームの音量調整


  • ゲームの音量は、 基本的にPCゲームのオプション設定から調整 しましょう。この場合、自分がゲームをプレイ中に聞いているBGMの音量が変化し、かつ動画に収録されるBGMの音量も同時に変化します。


▲一般的なPCゲームの場合、このようにゲームのオプション設定で音量を変更できます。画像は、「THE CREW - ザ クルー」(Ubisoft)より。

  • もし、 自分がゲームをプレイ中に聞いているBGMの音量はそのままにしつつ、動画に収録されるBGMの音量は小さくしたいという場合 は、OBSの「デスクトップ音声」を調節してから録画を開始しましょう。何回か録画を繰り返し、適切な音量を見つけてください。


マイクの調整


  • OBSの「マイク」のスライダーは最大にしておきます。マイク音量が小さい場合の対処法については、下記ページをご覧ください。



  • OBSでマイク音量を上げることもできますが(フィルタ機能)、あくまでも最終手段と考えておきましょう。

        OBS Studioの詳しい使い方を参照


こんなときは


ゲームキャプチャーで画面を取り込めない


  • 以下の いずれかの方法 を試します。

  1. ソース一覧にある「ゲームキャプチャ」をダブルクリックし、「モード」を「特定のウィンドウをキャプチャ」に変更したうえで、「ウィンドウ」でゲームを選択する。
  2. ソース一覧にある「ゲームキャプチャ」をダブルクリックし、「アンチチート互換性フックを使用する」にチェックを入れる。
  3. ソース一覧にある「ゲームキャプチャ」をいったん削除し(ソースを削除)、再度画面を取り込む。
  4. PCゲーム、およびOBSを管理者権限で起動する *5
  5. ゲームを互換モードで起動する *6
  6. ゲームキャプチャーをやめて、ウィンドウキャプチャー、または画面キャプチャーで画面を取り込む。

画面が見切れる


  • ソース一覧にあるソース上で右クリックし、 「変換」から「画面に合わせる」を選択 します。この状態で録画すれば、問題が改善されます *7


画面がボヤける、文字が読みづらい


  • このような場合、すべての解像度を同じにして録画します。たとえば、PCゲームの解像度が1920x1080なら、OBSのほうも基本解像度と出力解像度を1920x1080にします。

  1. 録画対象の解像度を確認する(例 : 1920x1080、1280x720、800x600)。
  2. OBSで「設定」→「映像」の順にクリックする。
  3. 「基本 (キャンバス) 解像度」を録画対象の解像度と同じにする。
  4. 「出力 (スケーリング) 解像度」を録画対象の解像度と同じにする。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. 録画を開始する *8

  • 上記方法を採用しても問題が改善されない場合は、以下のようにしてください。

  1. ソース一覧にあるソースを右クリックし、「フィルタ」を選択する。
  2. 「スケーリング/アスペクト比」がある場合は、これを選択したうえで「-」アイコンをクリックし、「はい」をクリックする(フィルタを削除する)。
  3. 設定画面を閉じる。
  4. 録画を開始する。

画面の周りに黒い部分がある


  • ソース一覧にあるソース上で右クリックし、「変換」から「画面に合わせる」を選択します。それでも直らない場合は、「画面がボヤける、文字が読みづらい」に書いた方法で、解像度をすべて同じにします。

高画質に録画したい


  • 以下のようにします。 「CRF」の設定は、数字が小さいほど高画質 なので注意してください。数字を大きくすると逆に画質は低下します。

  1. 「設定」→「出力」の順にクリックする。
  2. 「出力モード」を「詳細」にする。
  3. 「録画」タブを開く。
  4. 「種別」が「標準」になっていることを確認する。
  5. 「エンコーダ」を「x264」にする。
  6. 「レート制御」を「CRF」にする。
  7. 「CRF」を「20」以下にする(ファイルサイズは増える)。

  • また、プリセットを変更することで画質を上げることができます。

  1. 「設定」→「出力」で「出力モード」を「詳細」にする。
  2. 「録画」タブの「CPU使用のプリセット」を「medium」より下のものに変更する。

PCの動作が重くなり、映像がカクカクする


  • 以下の いずれかの対処法 で改善される場合があります。

  1. 画面キャプチャを使用せず、ウィンドウキャプチャ、またはゲームキャプチャで映像を取り込む。
  2. 「設定」→「出力」で「出力モード」を「詳細」にし、「録画」タブの「エンコーダ」に「NVENC H.264」「QuickSync H.264」などが表示されている場合は、それを選択する(画質は下がる)。
  3. 「設定」→「出力」で「出力モード」を「詳細」にし、「録画」タブの「CPU使用のプリセット」を「ultrafast」または「superfast」に変更する(画質は下がる)。
  4. 「設定」→「映像」で「基本 (キャンバス) 解像度」と「出力 (スケーリング) 解像度」を下げる(画質は下がる) *9
  5. 「設定」→「映像」で「FPS 共通値」を「30」または「15」にする(動きの滑らかさは下がる)。
  6. 「設定」→「映像」の「Aeroを無効にする」のチェックを入れる(Windows Vista/7の場合)。
  7. OBSのプレビュー画面上で右クリックし、「プレビューを有効化」のチェックを外す。
  8. こちらを参考にして、ゲームのオプションやグラフィックボードの設定を変更する。

  • 設定を変更しても問題が改善されない場合は、PCのスペックがたりていません。PCの買い替えを検討してください。



関連ページ











名前:
コメント:




*1 初期設定の160kbpsで問題ありませんが、より高音質を狙うなら192kbpsや224kbpsにしてもかまいません。

*2 一例ですが、フルHD解像度(1920x1080)のPCゲームを同一の解像度で録画したい場合は、「基本 (キャンバス) 解像度」、および「出力 (スケーリング) 解像度」の両方を「1920x1080」にします。

*3 これは、たとえば「基本 (キャンバス) 解像度」が1920x1080、「出力 (スケーリング) 解像度」が1280x720の場合に、画像を1920x1080から1280x720にきれいに縮小するための設定です。両方の設定が同じ場合は、縮小フィルターを変更しても意味はありません。

*4 60fpsで動作するPCゲームの場合は、「60」にしたほうが「30」にするよりも滑らかな動きになります。ただし、環境によってはPCの動作が重くなるかもしれません。フレームレートの設定がよくわからない場合は、「30」のままにしておいてください。

*5 具体的には、プログラム上で右クリックし、「プロパティ」→「互換性」タブで「管理者としてこのプラグラムを実行する」にチェックを入れます。そして、ゲームやOBSを起動します。

*6 具体的には、プログラム上で右クリックし、「プロパティ」→「互換性」タブを開きます。そして、「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、適当なものを選択してください。最後にゲームを起動します。

*7 OBS上でも画面を正常に表示したい場合は、OBSのプレビュー画面上で右クリックし、「プレビュースケーリング」から「ウィンドウサイズにスケーリング表示」を選択してください。すると、OBSのウィンドウサイズに合わせて画面が表示されます。ただし、「変換」から「画面に合わせる」を選択しておけば、たとえOBSのプレビュー画面上で画面が見切れていても問題ありません。また、「プレビュースケーリング」の設定は、録画には影響しません。

*8 OBSのプレビュー画面上で文字が読みづらい場合があるかもしれませんが、実際に録画して画面を確認し、問題がなければ直す必要はありません。かりに、どうしてもこれを直したい場合は、OBSのプレビュー画面上で右クリックし、「プレビュースケーリング」から「出力(スケーリング)」を選択します。画面を確認したあとは「ウィンドウサイズにスケーリング表示」に戻しておきましょう。ただ念のために書いておくと、「プレビュースケーリング」を変更しても、録画には影響しません。

*9 このとき、「設定」→「出力」→「録画」タブの「出力をリスケール」のチェックは外しておいてください。チェックを外さないと、「出力をリスケール」で設定した解像度で録画されます。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー